概要 - 標準仕様を定義する

画層とスタイルの標準は、標準ファイルで作成および管理されます。1つまたは複数の標準ファイルを図面ファイルに関連付けることができます。

 

標準を設定するには、STANDARDSコマンドを使用して、維持するレイヤーとスタイルのプロパティを定義する .dws ファイルを作成します。

既定では、すべてのプラグインを使用して、図面が標準仕様に適合しているかどうかが監査されます。 特定のプラグインだけを使用して図面を監査する場合は、標準仕様ファイルを定義するときにプラグインを指定します。たとえば、図面の文字だけを最近変更した場合は、画層プラグインと文字スタイル プラグインだけを使用して図面を監査すると、監査時間を短縮できます。

複数の標準ファイルとの競合

プロジェクトの編成方法に応じて、複数のプロジェクト固有の標準ファイルを作成して、図面ファイルに関連付けることができます。図面ファイルを監査すると、標準ファイルの設定間で競合が発生する場合があります。たとえば、ある標準仕様ファイルでは画層 WALL が黄色に指定されており、別の標準仕様ファイルでは赤色に指定されているとします。このような矛盾が発生した場合は、その図面に最初に関連付けられた標準仕様ファイルが優先されます。必要であれば、各標準仕様ファイルの優先順位を変更できます。

前の記事
概要 - 標準仕様違反について図面を確認する
概要 - 標準仕様違反について図面を確認する

標準仕様違反について図面ファイルを監査して、違反しているファイルを変更することができます。バッチ標準チェッカーを使用すると、複数のファイルを一度に監査できます。

次の記事
AutoCAD LT にない AutoCAD 機能:API の習得
AutoCAD LT にない AutoCAD 機能:API の習得