SYSVDLG (Express Tool)

システム変数の設定を表示、編集、保存、復元できるようにします。

SYSVDLG と入力すると、[System Variables]ダイアログ ボックスが表示されます。

SYSVDLG を使用して、変更されたシステム変数の新しい値を確認します。

重要: 2 つのファイル(既定では defaults.svf と defaults.scr)が、システム変数エディタと一緒に Express フォルダにインストールされます。これらのファイルには、AutoCAD の既定のシステム変数の設定が含まれています。AutoCAD を初期設定のシステム変数の状態に戻すために、SYSDLG に defaults.svf ファイルを読み込むか、SCRIPT[スクリプト実行]コマンドを使用して AutoCAD コマンド ウィンドウから defaults.scr ファイルを実行することができます。

ダイアログ ボックスのオプション

リスト ボックス システム変数の一覧が表示されます。リスト ボックスの上の編集フィールドを使用して、リスト ボックスの表示をフィルタすることができます。たとえば、編集フィールドに DIM* と入力すれば、DIM から始まるシステム変数のみが表示されるようにリストがフィルタされます。編集フィールドが空の場合、リストにはすべてのシステム変数が表示されます。複数のシステム変数がハイライト表示されている場合、すべての編集および表示オプションは使用できません。
[New Value] リスト ボックスでハイライト表示されているシステム変数の現在の値が表示され、その値を編集できます。変更は、[OK]ボタンを使用してダイアログを閉じるまで、確定しません。選択した変数が読み込み専用である場合、この編集フィールドは使用不可になります。
[Current Value] リスト ボックスでハイライト表示されているシステム変数の現在の値が表示されます。
[Initial Value] リスト ボックスでハイライト表示されているシステム変数の初期値が表示されます。これは、新規図面のシステム変数の値です。
[Saved In] ハイライト表示されているシステム変数の値の保存先が表示されます。
[Type] ハイライト表示されているシステム変数のデータ型(たとえば、整数、実数、文字列など)が表示されます。
[Save x] システム変数の現在の設定を、SVF または SCR ファイルに保存します。SVF ファイルは、SYSVDLG に読み込むことができます。SCR ファイルは、AutoCAD コマンド ウィンドウから実行できる AutoCAD スクリプトです。このボタンは、システム変数リストの状態に応じて、[Save All]、[Save Selected]、[Save Filtered]と表示されます。1 つのシステム変数のみが選択され、リストがフィルタされていない場合は、すべてのシステム変数が保存されます。複数のシステム変数が選択されている場合は、ハイライト表示されている項目のみが保存されます。ワイルド カードでリストがフィルタされている場合、リストに表示されている項目のみが保存されます。
[Read] 保存した設定を SVF ファイルから復元します。

行き止まり

次の記事
ALIASEDIT (Express Tool)
ALIASEDIT (Express Tool)

AutoCAD コマンドのエイリアスを作成、修正、削除します。