AutoCAD で 3D モデルを作成する 7 つ道具 #6:UCS

March 19, 2020 芳賀 百合

内容の概要

AutoCADで3Dモデルを作成するには、2D作図とは異なる設定や機能が必要です。第6回目は、ポリラインや円の作図平面を決定する、UCS(ユーザ座標系)について紹介します。

 

詳細

UCS(ユーザ座標系)とは

AutoCADでは作図平面(XY平面)をUCS(ユーザ座標系)でコントロールします。まずは、3Dモデルの作成のおさらいをしてみます。3Dモデルの作成手順は、主に以下の3つです。

(1) 平面の選択(輪郭を作図する平面を選択)

(2) 輪郭の作図(平面に輪郭を作図)

(3) 立体化(輪郭を利用して立体化)

 

最初に輪郭を作図する平面の選択を行うため、XY平面を設定します。たとえば、ピンクの面に作図したい場合は、XY平面を以下のように設定します。このXY平面の設定にUCSを使用します。

UCSの設定

UCSの設定は、[ホーム]タブの[UCS]パネルから行います。

原点とX軸方向・Y軸方向を指定する「3点」(A)、線分などからXY平面を設定する「オブジェクト」(B)、最初に設定されているWCS(ワールド座標)に戻す「ワールド」(C)、などがあります。

 

UCSのための平面

よく使用するUCSについては、XY平面用のオブジェクトを作成し、UCSの「オブジェクト」を利用してUCSを設定すると効率的です。

 

XY平面用のオブジェクトはポリラインで作成することも可能ですが、クリックして選択する場所によっては、XY軸の方向が回転します。

 

 

オブジェクトをブロックにすることにより、UCSの「オブジェクト」を利用した時のXY軸を固定させることが可能です。


 

また、ダイナミックブロックで縦横の長さを変更できるようにすると、どの平面でも対応できるので、より効率的になります。

 

まとめ

3Dモデル作成は、平面の選択、輪郭の作図、立体化を繰り返し行うことになります。XY平面用のオブジェクトをあらかじめ作成し、UCSの「オブジェクト」を利用して、平面の選択を効率的に行ってください。

著者について

芳賀 百合

初心者にはわかりやすく指導し、上級者には1ランク上の使いこなし方を教えるインストラクターとして活動中。元は土木設計事務所のCADオペレーターでAutoCAD暦は20年。著書に「AutoCADLTできちんと土木図面をかく方法」「基礎からしっかり身につくAutoCAD LT入門」「これからCIMをはじめる人のためのAutoCAD Civil 3D 入門」などがある。

ウェブサイトを見る このライターによる他のコンテンツ
前の記事
カスタマイズの基本 4:ショートカットキー
カスタマイズの基本 4:ショートカットキー

AutoCADだけでなくAutoCAD LTでもできるカスタマイズの基本として、今回はショートカットキーのカスタマイズについてご説明します。

次の記事
顧客の課題をデザインの力で解決。そのコンセプトを支え続けるAutoCAD
顧客の課題をデザインの力で解決。そのコンセプトを支え続けるAutoCAD

本当に必要とされる価値あるものを導き、デザインする ヒトコトバのデザインで、新たな可能性の創造をおこなうアーキテクトチームをリードしている坂入氏。世界的なアワードのノミネート実績でも証明される仕事の裏には、学生時代...