AutoCAD のちょっとムズイ使い方 ~その 1 ~ スクリプトとは

October 14, 2020 芳賀 百合

内容の概要

「スクリプトは便利だけど、自分では作れない」という方向けの、作成方法や必要な知識をご紹介します。第1回目は、スクリプトとは何か?という初歩の初歩のご案内です。

 

詳細

 

スクリプトとは

スクリプトは、AutoCADのコマンドウィンドウに入力する内容をそのままメモ帳に書いて、その操作を自動実行する機能です。


 

メモ帳に書いた内容は、拡張子「SCR」で保存し、そのファイルを作図画面にドラッグ&ドロップすると実行できます。

 

 

キーボード入力をメモ帳に書く

原点X=0、Y=0に半径100の円を作図する場合のキーボード入力を、メモ帳に書きます。

(1) 「円(CIRCLE)」コマンドを実行

(2) 円の中心点を指定

(3) 円の半径を指定

 

(1) 「円(CIRCLE)」コマンドを実行

フルコマンド名を書きます(短縮されたコマンドエイリアスは使わないでください)。コマンドウィンドウに「CIRCLE」と入力した後の「Enter」キーは改行で表現します。

 

(2) 円の中心点を指定

円の中心点を入力します。ここでは、原点X=0、Y=0を絶対座標で入力しています。座標入力後の「Enter」キーを表す改行も入力します。

 

(3) 円の半径を指定

円の半径を入力します。入力の最後となる「Enter」キーを表す改行は、忘れる場合も多いので注意してください。

 

スクリプトを実行する

メモ帳に書いた内容は、拡張子「SCR」で保存し、AutoCADの作図画面へドラック&ドロップします。

 

メモ帳の「ファイル」メニュ→「保存」を選択し、「ファイル名」に拡張子「SCR」を入力して、適当なフォルダに保存します。

 

Windowsのエクスプローラーから、AutoCADの作図画面へドラッグ&ドロップします。


 

原点X=0、Y=0に半径100の円が作図されました。

  

まとめ

今回はスクリプトについて、簡単に説明をしました。「Enter」キーの表現である改行は重要なので、ぜひ覚えておいてください。次回は「どのような図面で活用できるか?」実際の作成手順を案内します。

著者について

芳賀 百合

初心者にはわかりやすく指導し、上級者には1ランク上の使いこなし方を教えるインストラクターとして活動中。元は土木設計事務所のCADオペレーターでAutoCAD暦は20年。著書に「AutoCADLTできちんと土木図面をかく方法」「基礎からしっかり身につくAutoCAD LT入門」「これからCIMをはじめる人のためのAutoCAD Civil 3D 入門」などがある。

ウェブサイトを見る このライターによる他のコンテンツ

行き止まり

次の記事
AutoCAD のサポートへのアクセスが簡単に
AutoCAD のサポートへのアクセスが簡単に

購入に関するご相談から、ソフトの使用、ライセンス管理まで、オートデスクが解決へのサポートをします。