AutoCAD のちょっとムズイ使い方 ~その 2 ~ スクリプトの活用

November 18, 2020 芳賀 百合

内容の概要

「スクリプトは便利だけど、自分では作れない」という方向けの、作成方法や必要な知識をご紹介します。第2回目は、スクリプトをどのような場面で使用するか?業務での活用方法のご案内です。

 

詳細

複数図面の設定に活用

スクリプトが得意なことは、繰り返しの単純作業です。ここでは、複数の図面ファイルの線種尺度を変更する操作を作成してみます。

 

線種尺度は、システム変数「LTSCALE」を使用することにより、キーボード入力で変更することが可能です。


Excelに入力する

 

複数の図面ファイルの同じシステム変数を変更するために、メモ帳でスクリプトを作成するのは効率的ではありません。スクリプトのコピーはExcelを使用するとよいでしょう。

 

AutoCADのキーボード入力は以下の通りです。

(1) 「開く(OPEN)」コマンドを実行

(2) ファイル名を入力

(3) システム変数「LTSCALE」を実行

(4) LTSCALEの値「200」を入力

(5) 「上書き保存(QSAVE)」コマンドを実行

 

Excelの1マスに1つの操作を入力します。

 

Excelの1行に1ファイルでの操作を入力します。

 

他ファイルのスクリプトは、コピーなどを利用すると効率的です。

 

スクリプトを実行する

Excelに書いた内容は、その範囲をコピーします。

 

メモ帳に貼り付けを行い、拡張子「SCR」で保存します。このとき、最後の行に「QSAVE」入力後の「Enter」キーを表す改行を追加してください。

 

保存したファイルをAutoCADの作図画面へドラック&ドロップすると、スクリプトが実行され、次々ファイルが開かれて線種尺度が変更されます。この時、スクリプトをドラッグ&ドロップする作図画面が必要なので、何かファイルを開いておくことが必要です(新規図面ファイルでも問題ありません)。

 

まとめ

今回はスクリプトの活用について、Excelを使用する方法をご案内しました。繰り返しの入力作業はExcelで行うと効率的なので、ぜひ覚えてください。次回はスクリプト作成のコツをご紹介します。

著者について

芳賀 百合

初心者にはわかりやすく指導し、上級者には1ランク上の使いこなし方を教えるインストラクターとして活動中。元は土木設計事務所のCADオペレーターでAutoCAD暦は20年。著書に「AutoCADLTできちんと土木図面をかく方法」「基礎からしっかり身につくAutoCAD LT入門」「これからCIMをはじめる人のためのAutoCAD Civil 3D 入門」などがある。

ウェブサイトを見る このライターによる他のコンテンツ
前の記事
AutoCAD のちょっとムズイ使い方 ~その 3 ~ スクリプト作成のコツ
AutoCAD のちょっとムズイ使い方 ~その 3 ~ スクリプト作成のコツ

第3回目は、システム変数の調べ方や、ダイアログを必要とするコマンドの実行、ファイル一覧の取得方法についてご案内します。

次の記事
AUG-JP O-1グランプリへの挑戦 問題 ③
AUG-JP O-1グランプリへの挑戦 問題 ③

このトピックではAUG-JPのWorkShopで行われている、O-1グランプリの問題と解答例を数回に渡ってご紹介しています。今回は、ちょっと変わった問題③をご紹介します。