概要 - カスタム設定をマイグレート、転送する

複数のツールを使用して、リリース間でカスタム設定をマイグレートしたり、コンピュータ間で設定を転送することができます。

カスタム設定を新しいリリースにマイグレートしたり、それらをあるコンピュータから他のコンピュータに転送するときに役立つよう、いくつかのツールが提供されています。

旧リリースからカスタム設定をマイグレートするツール

カスタム設定およびカスタム ファイルを旧リリースから現在のリリースにマイグレートするには、次のツールを使用します。

  • [カスタム設定をマイグレート]ユーティリティ: ユーザ プロファイル、カスタマイズ(CUIx)ファイル、ツール パレット(ATC)ファイル、ユーザ定義線種(LIN)ファイル、コマンドのエイリアスが記述されたプログラム パラメータ(PGP)ファイル、カスタム マテリアルがマイグレートされます。(AutoCAD LT では、ユーザ プロファイルとマテリアルはサポートされていません)。
  • [ユーザ インタフェースをカスタマイズ] (CUI)エディタ: 選択したカスタム インタフェース要素を、ある CUIx ファイルから他の CUIx ファイルにマイグレートします。CUI エディタを使用して、旧形式のメニュー(MNU および MNS)および旧形式のカスタマイズ(CUI)ファイルを CUIx 形式に変換することができます。ただし、元のソース ファイルは変更されずに保持されます。
  • 高度なツール: オートデスクの Web サイトに用意されている追加のマイグレーション ツールは次のとおりです。
    • DWG TrueView: DWG ファイルを、ある図面ファイル形式から他の図面ファイル形式に変換します。プログラム内から DWGCONVERT[DWG 変換]コマンドを使用することもできます。
    • ScriptPro: 図面のセットに対してスクリプト ファイルを実行します。(AutoCAD LT では使用できません)。
    • AutoLISP 互換アナライザ: AutoLISP ソース(LSP)ファイルおよび AutoLISP メニュー(MNL)ファイルで検出された互換性の問題を詳細に示します。このツールで互換性の問題が検出されると、問題の説明と修正の提案が表示されます。(AutoCAD LT では AutoLISP はサポートされていません)。
ヒント: プログラムの新しいリリースをインストールした後は、新しいカスタマイズが上書きされてしまわないように、できるだけ早くカスタム設定およびカスタム ファイルをマイグレートしてください。

コンピュータ間でカスタム設定を転送するツール

次のツールを使用して、同じリリースのプログラムを使用しているコンピュータ間でカスタム設定とファイルを転送することができます。

  • [設定を書き出し]/[設定を読み込み]: カスタム設定とカスタム ファイルが含まれた転送パッケージを作成します。転送パッケージは、他のコンピュータに読み込むことができます。[書き出し設定]ツールを使用して、カスタム設定およびカスタム ファイルをバックアップすることもできます。
  • [オプション]ダイアログ ボックス: ユーザ プロファイルを異なるコンピュータ間で書き出して読み込むことができます。(AutoCAD LT では、ユーザ プロファイルはサポートされていません)。
  • [ユーザ インタフェースをカスタマイズ] (CUI)エディタ:個々のカスタム ユーザ インタフェース要素を CUIx ファイル間で転送することができます

概要 - [ユーザ インタフェースをカスタマイズ] (CUI)エディタを使用してカスタム ユーザ インタフェース要素を転送する

[ユーザ インタフェースをカスタマイズ] (CUI)エディタの[転送]タブを使用して、2 つのカスタマイズ(CUIx)ファイル間でユーザ インタフェース要素のコピーを転送することができます。

注: 2 つの CUIx ファイル間では、[クイック プロパティ]ノードと[ロールオーバー ツールチップ]ノードで定義したプロパティの設定を除き、すべてのユーザ インタフェース要素を転送することができます。

フライアウトやリボン パネルなど、他のユーザ インタフェース要素を参照しているユーザ インタフェース要素を転送すると、参照されているユーザ インタフェース要素もすべて転送されます。たとえば、多数のリボン パネルを参照している[ホーム - 2D]リボン タブを転送すると、参照されているリボン パネルも、CUIx ファイルに存在していなくても、リボン タブと一緒に転送されます。

場合によって、転送されたボタンのイメージが転送されないことがあります。次のような場合、ボタン イメージは転送されません。

  • 個々のイメージ ファイルからロードされるイメージ。それらのイメージは、[オプション]ダイアログ ボックスの[ファイル]タブの[カスタム アイコンの場所]ノードで指定された場所に格納されていなければなりません。
  • サード パーティのリソース DLL に格納されているイメージ。リソース DLL の名前がカスタマイズ ファイルの名前と一致していなければなりません。

旧形式のカスタマイズ ファイルとメニュー ファイルを処理する

ユーザ インタフェース要素を、旧形式のカスタマイズ(CUI)ファイルまたは旧形式のメニュー(*.mns、*.mnu)ファイルから転送することもできます。CUI、MNS、MNU ファイルを CUI エディタで開くと、元のソース カスタマイズ ファイルまたはメニュー ファイルと同じ名前の新しい CUIx ファイルが作成され、元のソース ファイルは修正されません。次に、新しい CUIx ファイルが CUI エディタにロードされ、ユーザ インタフェース要素の転送が可能なソース ファイルになります。

CUI エディタを使用してカスタム設定を転送するには

  1. [管理]タブ  [カスタマイズ]パネル  [読み込み]をクリックします。 
  2. [ユーザ インタフェースをカスタマイズ] (CUI)エディタの[転送]タブの左側のペインで、[カスタマイズ ファイルを開く]ボタンをクリックします。
  3. [ファイルを開く]ダイアログボックスで、ユーザ インタフェース要素の転送元のカスタマイズ ファイル(MNU、MNS、CUI、CUIx)の保存場所に移動し、それらのファイルを選択します。[開く]をクリックします。
  4. 右側のペインで[カスタマイズ ファイルを開く]ボタンをクリックします。
  5. [ファイルを開く]ダイアログボックスで、ユーザ インタフェース要素の転送先のカスタマイズ ファイル(MNU、MNS、CUI、CUIx)の保存場所に移動し、それらのファイルを選択します。[開く]をクリックします。
  6. 左側のペインで、インタフェース要素ノードの横のプラス(+)記号をクリックして展開します。対応するノードを右側のペインに展開します。
  7. インタフェース要素を、右側のペインから左側のペインの適切な位置にドラッグし、ユーザ インタフェース要素をドロップするすることによって要素のコピーを作成します。
    注: ユーザ インタフェース要素は、左から右に、または右から左にドラッグすることができます。
  8. [適用]をクリックします。

 

前の記事
概要 - [カスタム設定をマイグレート]ユーティリティ
概要 - [カスタム設定をマイグレート]ユーティリティ

With the Migrate Custom Settings utility, you can migrate your custom settings and files from a previous re...

次の記事
[ユーザ インタフェースをカスマイズ]エディタ
[ユーザ インタフェースをカスマイズ]エディタ

AutoCAD のユーザー インターフェイスをカスタマイズすることで、エンドユーザーによる AutoCAD の操作方法をコントロールできます。