イアウトの印刷設定を行う

概要 - 名前の付いたページ設定

いくつかの方法で同じレイアウトを印刷したり、複数のレイアウトに同じ出力オプションを指定する場合は、名前の付いたページ設定を使用します。

図面を印刷する前に、出力の外観と形式を決定する設定を指定する必要があります。時間を節約するために、これらの設定を「名前の付いたページ設定」として図面とともに保存できます。

たとえば、初めてレイアウトにアクセスすると、1 つのレイアウト ビューポートが表示されます。このビューポートでは、現在環境設定されている用紙サイズとプリンタまたはプロッタの用紙の印刷可能領域が破線で示されます。

さらに、ページ設定には、次のようなその他の設定やオプションも多く含まれています。

  • 印刷の方向(横または縦)
  • 印刷尺度
  • 線の太さを印刷に反映するかどうか
  • シェーディング スタイル

既定では、初めてレイアウトにアクセスすると、レイアウトは「初期化」され、既定のページ設定が割り当てられます。既定のページ設定には、*モデル*、*レイアウト1*、*レイアウト2* のような名前が割り当てられます。

注: ページ設定を他の図面に読み込めるようにするには、「既定」のページ設定を「名前の付いた」ページ設定として保存します。
 

概要 - レイアウトの線の太さの尺度を設定する

レイアウトでは、線の太さの尺度は印刷尺度と比例して設定することができます。

通常、線の太さには印刷されるオブジェクトの線幅を指定します。これは印刷尺度と無関係に線幅のサイズで印刷されます。ほとんどの場合、レイアウトを印刷するときは、既定の印刷尺度である 1:1 を使用します。しかし、E サイズのレイアウトが A サイズの用紙に収まるように尺度を設定して印刷する場合などは、新しい印刷尺度と比例して線の太さの尺度を設定することができます。

 
前の記事
レイアウトを印刷する
レイアウトを印刷する

次の記事
レイアウトとビューポートを作成する
レイアウトとビューポートを作成する

図面内のオブジェクトに使用できる「モデル空間」と「ペーパー空間」という 2 つの異なる作業環境があります。