データ書き出し

AutoCAD における図面とは、データベースを視覚的に表示したものです。データベースには画面に表示されない情報が大量に含まれていますが、それを書き出せることはご存知ですか?実は、オブジェクトからブロック属性や図面プロパティのような情報を書き出して、集計表、パーツ リスト、部品表を作成することができます。AutoCAD のこの強力な自動化機能の使い方を覚えて、面倒な作業は、図面のデータ書き出し機能に任せましょう。

  • データ書き出し

    データ書き出し

    データ書き出し機能では、オブジェクトからブロック属性や図面プロパティのような情報を書き出して、集計表、パーツ リスト、部品表を作成できます。

    記事を読む
  • お試しください: ブロックの属性を使用する

    お試しください: ブロックの属性を使用する

    ジオメトリと同様に、属性は BLOCK[ブロック登録]コマンドでブロックを最初に作成するとき、またはブロック エディタ(BEDIT[ブロック エディタ]コマンド)で編集しているときに、ブロックに追加することができます。

    記事を読む
  • お試しください: 属性書き出し

    お試しください: 属性書き出し

    ブロックは、「属性定義」(「ブロック属性」とも呼ばれる)という特殊なオブジェクトを含むことができます。 データ書き出しではこれらの情報を表として抽出できます。

    記事を読む
  • お試しください: ブロックから属性値を書き出す

    お試しください: ブロックから属性値を書き出す

    [データ書き出し]ウィザードは、図面に挿入されたブロックから属性情報を書き出す最も効率的な方法です。

    記事を読む
  • loading
    ロード中...