AutoCAD web アプリで知っておくべき 10 のポイント

 

AutoCAD web アプリ をご存知ですか?インターネットブラウザで dwg ファイルを開いて作業ができる、とても便利なツールです。先日米国と英国をつないで開催したウェビナーのダイジェスト版として、「AutoCAD web アプリで知っておくべき 10 のポイント」をご紹介します。

 

1. 統一インターフェース

AutoCAD web アプリはデスクトップ版 AutoCAD と同じエンジンをもとに開発されており、インターフェースもよく似ています。デスクトップ版に慣れたユーザーの皆さんなら、おなじみのアイコンやコマンドラインですぐに AutoCAD web アプリの感覚をつかみ、作業を進められるでしょう。

 

2. クラウドストレージ パートナー

AutoCAD web アプリはメジャーなクラウドストレージとの連携がされています。Microsoft OneDrive、Google Drive、 Box、Dropbox 上に保存されたファイルに AutoCAD web アプリから直接アクセスできます。また、これらのプロバイダーに加えて、デスクトップと連携した AutoCAD web およびモバイルにファイルを保存することも可能です。

 

3. モデルおよびレイアウトタブ

AutoCAD web アプリにはモデル空間およびペーパー空間での作業が可能です。デスクトップ版と同様にモデル・レイアウトタブを切り替えて必要な変更を加えることができます。

 

4. コマンドライン

AutoCAD web アプリでもコマンドラインとキーボードショートカットが利用できます。もしくはコマンドパレットから必要なツールを選ぶことも可能です。

AutoCAD のショートカットキーガイドはこちらから

 

5. 画層

AutoCAD web アプリでも画層管理は簡単です。画層ロック、色、表示/非表示は ”Layers” タブ内で変更できます。

 

6. オブジェクトスナップ設定

デスクトップ版と同様に作図中のカーソルスナップ位置を調整できます。計測やオブジェクトの移動、オフセット指定をする際にも精度が増します。設定は、画面右下の ”OSNAP” オプションか、コマンドを選択後に図面上で右クリック、“Snap overrides”  にカーソルを合わせると表示されるオプションから可能です。英語/日本語の対応表はこちらをご覧ください

 

7. ブロックおよび図面参照

“Blocks” タブでは図面内のブロックを表示、変更でき、デスクトップ版 AutoCAD で使用しているブロックと共有されます。また、デスクトップ版からクラウドストレージに保存したブロックライブラリへのアクセスも可能です。”XREF” タブでは参照している図面のプロパティを確認したり、新たに外部図面をアタッチできます。

 

8. AutoCAD マルチプラットフォーム

デスクトップ版で ”web およびモバイルに保存” すると、AutoCAD web アプリとデスクトップの両方から同じ DWG ファイルにアクセスできるようになります。変更内容はリアルタイムで反映されるため、どこにいても最新の図面で作業ができます。

 

9. PDF 書き出し

関係者と図面の共有をする必要がありますか?画面右上のプリンターアイコンをクリックすれば、PDF に書き出すことができます。用紙サイズやスタイルは “Views” タブ内で変更が可能です。

 

10. AutoCAD のサブスクリプションと Web アプリプログラム

AutoCAD web アプリは通常 AutoCAD および AutoCAD LT のサブスクリプション特典として提供されています。今なら、サブスクリプション メンバーでない方も Web アプリプログラムとして全機能を無償でご利用いただけます。(2020 年 7 月現在)

それでは web アプリにログインしてみましょう!https://web.autocad.com/

 

AutoCAD web アプリプログラムに関する FAQ(よくある質問)はこちら

製品の使用に関するご不明点は Autodesk Knowledge Network をご活用ください。

 

行き止まり

次の eBook
AutoCAD パワーユーザーになるための 34 の使い方ヒント
AutoCAD パワーユーザーになるための 34 の使い方ヒント

AutoCAD のスキルをレベルアップしませんか?無料 eBook で、世界中のエキスパートがお勧めする使い方のコツをご覧ください。