[AutoCAD] - 3Dモデルを作成、編集

AutoCADでは3Dソリッド、サーフェス、メッシュオブジェクトを使用して、3Dモデルを作成、編集することができます。 ソリッドモデリングでは、2D図形の押し出しや回転によって3Dソリッドを作成でき、それらのモデルで和/差/交差を使った編集も簡単におこなえます。 UCS(ユーザ座標系)を使えば、3D空間でも目的のXY作業平面を定義して作業がおこなえます。特に、UCSコマンドの面(F)オプションを使うと、3Dオブジェクトの面にUCSを位置合わせすることができます。

このビデオでは、2Dのフランジ図形から3Dソリッドモデルを作成しています。

前の動画
[AutoCAD] - CAD標準仕様
[AutoCAD] - CAD標準仕様

AutoCADでCAD標準仕様機能を利用すると、図面ファイルの画層、文字スタイル、線種、寸法スタイルのプロパティが社内で定めた仕様に準拠しているかどうか確認でき、仕様に適合しないプロパティを修正することもできます。...

次の動画
[AutoCAD] - クラウドでレンダリング
[AutoCAD] - クラウドでレンダリング

クラウドの演算能力を使って、高解像度のレンダリングが実現します。3D モデルをステレオパノラマ表示すれば、VR でも見ることができます。また、レンダリングはクラウドで行いますので、その間 AutoCAD で別の作業...