[AutoCAD] - AutoCAD VBAを使い、Excelデータから作図

AutoCADが提供するAPI(アプリケーション プログラム インターフェイス)の一つに、VBA(Visual Basic for Applications)があります。VBAはAutoCADと同時に動作し、そのプログラムは高速に実行され、Microsoft Excelなどと連携することも可能です。VBAに関する書籍は書店にたくさん並んでいるので、学習のしやすさもあると思います。 AutoCAD VBAモジュールはAutoCADのインストールプログラムには含まれていないので、別途 https://knowledge.autodesk.com/ja/support/autocad/downloads/caas/downloads/downloads/JPN/content/download-the-microsoft-visual-basic-for-applications-module-vba.html からダウンロードしてインストールしてから利用してください。

このビデオでは、Microsoft Excelファイルに含まれる点の座標を読み込んで、AutoCAD上に線分を作図しています。

前の動画
AutoCAD Web アプリ(ビデオ)
AutoCAD Web アプリ(ビデオ)

AutoCAD Web アプリなら、どのコンピュータからでも Web ブラウザで CAD 図面を編集、作成、共有、表示できます。サイン インするだけで作業を開始。ソフトウェアをインストールする必要はありません。

次の記事
新たな統合機能で AutoCAD と AEC コレクションを強化
新たな統合機能で AutoCAD と AEC コレクションを強化

オートデスクは、Autodesk App Store で新たな Autodesk Docs Extension for AutoCAD プラグインをリリースしました。このプラグインを利用すると、AutoCAD から...