複数のレイアウトをパブリッシュする

概要 - パブリッシュする

複数の図面を印刷する代わりにパブリッシュすることで、そのファイル内の図面の圧縮し、簡単に表示および配布することができます。

電子図面セットは、印刷される図面セットをデジタル化したものです。電子図面セットを作成するには、図面を DWF、DWFx、または PDF ファイルにパブリッシュします。

[シート セット マネージャ]から、シート セット全体をパブリッシュできます。シート セットをワンクリックで単一のマルチシート DWF、DWFx、または PDF ファイルにパブリッシュして、電子図面セットを作成できます。

紙の図面セットを作成する場合は、各シートのページ設定で指定されているプロッタにシート セットをパブリッシュします。

[マルチシート DWF をパブリッシュ]ダイアログ ボックスを使用すると、複数の図面を集めて構成してパブリッシュしたり、そのリストを Drawing Set Descriptions(DSD)ファイルとして保存することができます。特定のユーザ向けにこの図面セットをカスタマイズしたり、プロジェクトの進行に合わせてシートを追加したり除去することができます。[マルチシート DWF をパブリッシュ]ダイアログ ボックスで図面シートのリストを作成すると、次のいずれかの出力先に図面をパブリッシュできます。

  • 各シートのページ設定で指定されているプロッタ(ファイルに出力する図面を含む)
  • 2D コンテンツと 3D コンテンツの両方を含む単一のマルチシート DWF または DWFx ファイル
  • 2D コンテンツを含む単一のマルチシート PDF ファイル
  • 2D コンテンツと 3D コンテンツの両方を含む複数のシングルシート DWF または DWFx ファイル
  • 2D コンテンツを含む複数のシングルシート PDF ファイル

3D DWF パブリッシュを使用すると、3D モデルの DWF ファイルを作成してパブリッシュし、それらを Autodesk Design Review で表示できます。

Autodesk Design Review 向けにパブリッシュする

電子図面セットを DWF または DWFx ファイルとしてパブリッシュすると、そのファイル内の図面が圧縮され、しかも正確に再現されるので、簡単に配布して表示することができます。このため、時間が節約され、生産性が向上します。また、これにより、元の図面の完全な状態が保持されます。

DWF ファイルをパブリッシュすると、これらのファイルはベクトル ベース形式で作成されるため(ラスター イメージ コンテンツが挿入されている場合は除く)、精度が確実に保持されます。

DWFx ファイルは、Microsoft の XPS 形式を使用して作成されます。DWFx ファイルは zip ファイルで、メタデータを含みます。このメタデータは、Autodesk Design Review でのみ表示できます。

一般的なグラフィックスは、Autodesk Design Review または Internet Explorer 7 で表示したり印刷することができます。豊富な DWFx メタデータは、Autodesk Design Review でのみ表示できます。

DWF または DWFx ファイルは、Autodesk Design Review を使用して表示できます。DWF または DWFx ファイルは、電子メール、FTP サイト、プロジェクトの Web サイト、または CD を使用して配布できます。

Autodesk Design Review を使用しているユーザも利用できるように、ブロック関連のプロパティと属性を指定できます。たとえば、配管業者に対して、図面データで指定した配管設備関連のブロック属性情報を含む DWF ファイルまたは DWFx ファイルにパブリッシュできます。また、電気業者を対象とした場合には、同じシート セットに電気器具関連のブロック属性データのみを含めることができます。

既定では、パブリッシュ ジョブがバックグラウンドで処理されるため、すぐに図面に戻って作業を続けることができます。一度にバックグラウンドで処理できるパブリッシュ ジョブは 1 つのみです。ジョブがバックグラウンドで処理されている間、ステータス バーの右側の印刷アイコンにカーソルを置くと、ジョブの進行状況を確認することができます。また、現在のセッションで完了した印刷またはパブリッシュのジョブすべての詳細を表示することもできます。

 

概要 - 3D モデルをプリントする

3D モデルを、ローカル 3D プリンタや 3D プリント サービスに送信することができます。

3D プリント サービス

3D プリント サービスを使用して、3D モデルから物理モデルを作成することができます。

3DPRINTSERVICE[3D プリント サービス]コマンドを使用するときは、DWG ファイルの 3D データを指定します。このデータは、この後三角形からなる切り子面メッシュ表現に変換されます。この表現は、3D プリント サービスが物理的モデルの作成に使用できるバイナリ STL ファイルとして保存されます。

物理的モデルを作成して入手する方法

次の図に、物理的モデルを作成して入手するための基本的な手順を示します。
3D モデルを準備する 3D モデルを正常にプリントできるように、図面を多少調整しなければならないことがあります。
プリントする 3D ソリッドを選択する プリントする 3D ソリッドを選択する必要があります。

図面に他のオブジェクトが含まれていても、選択した 3D ソリッドのみがプリントされます。

図面を STL ファイルとして保存する 図面を STL ファイルとして保存する必要があります。

3D プリント サービスは、図面がこの形式で保存されていることを要求します。

3D プリント サービスを選択する 3D プリント サービスを選択する必要があります。

プロバイダを決めるときは、価格、材料、最低要件について注意深く検討してください。

3D プリント サービスに STL ファイルを送信する 3D プリント サービスを選択したら、Web サイトの指示に従ってモデルを入手します。

Autodesk Print Studio

3DPRINT[3D プリント]コマンドでは、編集や印刷のために、3D モデルを Print Studio (以前インストールした場合)に送信することができます。詳細は、Print Studio ヘルプを参照してください。

注: Print Studio はダウンロードできなくなりました。以前にインストールしている必要があります。
前の記事
レイアウトを印刷する
レイアウトを印刷する

行き止まり