AutoCAD で 3D モデルを作成する7つ道具 #1:ワークスペースとリボン

内容の概要

AutoCADで3Dモデルを作成するには、2D作図とは異なる設定や機能が必要です。第1回目は「ワークスペースとリボン」を紹介し、「使いたいコマンドがAutoCADのリボンで見つからない」という疑問にお答えします。

詳細

3D用のワークスペース

「ワークスペース」とは、リボンなどの配置を登録できる機能です。ステータスバーの「ワークスペースの切り替え」ボタンで変更が可能であり、デフォルトでは「製図と注釈」、「3D基本」、「3Dモデリング」の3種類があります。


 

製図と注釈

寸法記入や印刷など、2D用のコマンドが登録されています。

 

3D基本

3D用の作成・修正コマンドなど、3Dに関する基本的なコマンドが登録されています。ボタンも大きく表示されているので、3Dの初心者向けです。

 

3Dモデリング

ソリッド・サーフェス別の作成・修正のコマンドだけでなく、レンダリングに関するコマンドも登録されています。

 

リボンパネルの表示

使用したいボタンが見つからない場合、「パネル」が非表示になっている可能性があります。例えば、「3D基本」のワークスペースで「断面オブジェクト」のボタンを使用したい場合、「ホーム」タブの「断面パネル」を表示することによって解決できます。

 

(1) 「ホーム」タブの上で右クリック

(2) 「パネルを表示」→「断面」をクリック

 

「断面」パネルが表示されました。

 

リボンパネルの追加

使用したいボタンが見つからない場合、リボンパネルを追加する方法があります。例えば、「3D基本」ワークスペースの「ホーム」タブで「プロパティ」パネルを使用したい場合、「ユーザ インタフェース」コマンドでパネルを追加することによって解決できます。

 

(1) 「管理」タブ→「カスタマイズ」パネル→「ユーザ インタフェース」をクリック

 

(2) 「リボン」→「タブ」→「ホーム - 3D 基本」を展開し、表示する。

 

(3) 「パネル」→「ホーム - プロパティ」を手順(2)の「ホーム - 3D 基本」へドラッグアンドドロップする。

 

(4) 「ホーム - プロパティ」が追加されたことを確認し、「OK」ボタンをクリックする。

「ホーム」タブに「プロパティ」パネルが追加され、表示されました。

  

まとめ

リボンのパネルの表示や追加は、初心者でも簡単に行うことができます。リボンパネルの表示・非表示で、ぜひ、AutoCADを使いやすい環境に設定してみてください。

著者について

芳賀 百合

初心者にはわかりやすく指導し、上級者には1ランク上の使いこなし方を教えるインストラクターとして活動中。元は土木設計事務所のCADオペレーターでAutoCAD暦は20年。著書に「AutoCADLTできちんと土木図面をかく方法」「基礎からしっかり身につくAutoCAD LT入門」「これからCIMをはじめる人のためのAutoCAD Civil 3D 入門」などがある。

ウェブサイトを見る このライターによる他のコンテンツ
前の記事
LISP カスタマイズにチャレンジ #2:Visual LISP for AutoCADを使ってみよう
LISP カスタマイズにチャレンジ #2:Visual LISP for AutoCADを使ってみよう

初心者向けのLISP解説、今回はVisual LISP for AutoCADを使ってみましょう。

次の記事
LISP カスタマイズにチャレンジ #1:はじめに・・・LISPって何?どういうことができるの?
LISP カスタマイズにチャレンジ #1:はじめに・・・LISPって何?どういうことができるの?

この「LISP カスタマイズにチャレンジ」シリーズでは、AutoCADで使えるプログラム言語であるLISPについて、初心者向けに解説します。 LISP とは?