AutoCAD で 3D モデルを作成する 7 つ道具 #4:オブジェクト選択

February 21, 2020 芳賀 百合

内容の概要

AutoCADで3Dモデルを作成するには、2D作図とは異なる設定や機能が必要です。第4回目はオブジェクトの便利な選択方法について紹介します。



詳細

面やエッジの選択

クリックしてソリッドを選択し、プロパティパレットで色を変更すると、ソリッド全体の色が変更されます。


ソリッドの面の色を変えたい場合は、「Ctrl」キーを押しながらクリックすることにより、ソリッドのサブオブジェクトである「ソリッド面」を選択することが可能です。

このサブオブジェクトの選択は、2D図面でも活用ができます。

ポリラインの一部を「Ctrl」キーを押しながらクリックして選択し、「Delete」キーで削除が行えます。


また、属性付きブロックの属性部分を「Ctrl」キーを押しながらダブルクリックすると、属性内容の編集が行えます。


選択の循環

3Dモデルの作成作業では、様々な補助線などを利用するので、同じ位置にソリッドやポリラインなどが重なる場合、目的のオブジェクトの選択が困難になる場合があります。そのような場合は、「選択の循環」を利用すると、効率的に選択することが可能です。

 

ステータスバーの右にある「カスタマイズ」ボタンをクリックし、「選択の循環」にチェックを入れると、「選択の循環」ボタンが表示されます。

「選択の循環」ボタンをオンにしてオブジェクトをクリックすると、重なりがある場合は「選択」ダイアログが表示され、リストから目的のオブジェクトを選択することができます。

オブジェクトの選択表示

作業効率を上げるために、2D作図では主に画層で表示/非表示をコントロールしますが、3Dモデルの作成作業では「オブジェクトの選択表示」の機能が役立ちます。

 

オブジェクトの選択後、右クリックメニューから「選択表示」→「オブジェクトを選択表示」を選択すると、選択したオブジェクトのみが表示されます。解除する場合は、同じく右クリックメニューから「選択表示」→「オブジェクトの選択表示を終了」を選択します。

まとめ

「オブジェクトの選択」はAutoCADにおいて基本の操作ですが、3Dモデルを作成するには2D作図とは違う選択の操作も必要になってきます。特に「選択の循環」のボタンは既定では表示されていませんが、とても便利な機能なので、ぜひ覚えておいてください。

著者について

芳賀 百合

初心者にはわかりやすく指導し、上級者には1ランク上の使いこなし方を教えるインストラクターとして活動中。元は土木設計事務所のCADオペレーターでAutoCAD暦は20年。著書に「AutoCADLTできちんと土木図面をかく方法」「基礎からしっかり身につくAutoCAD LT入門」「これからCIMをはじめる人のためのAutoCAD Civil 3D 入門」などがある。

ウェブサイトを見る このライターによる他のコンテンツ
前の記事
AutoCAD で 3D モデルを作成する 7 つ道具 #5:オブジェクトスナップ
AutoCAD で 3D モデルを作成する 7 つ道具 #5:オブジェクトスナップ

AutoCADで3Dモデルを作成するには、2D作図とは異なる設定や機能が必要です。第5回目は、3Dモデルの作成で使用するオブジェクトスナップについて紹介します。

次の eBook
AutoCAD ユーザーなら知っておきたい 33 のヒント
AutoCAD ユーザーなら知っておきたい 33 のヒント

『AutoCAD ユーザーなら知っておきたい 33 のヒント』には、初心者から上級ユーザーまで幅広くお役立ていただける、知っていると便利な AutoCAD のコツが収録されています。