[AutoCAD] - AutoCAD VBAを使った、Excel データからの作図

AutoCADが提供するAPI(アプリケーション プログラム インターフェイス)の一つに、VBA(Visual Basic for Applications)があります。VBAはAutoCADと同時に動作し、そのプログラムは高速に実行され、Microsoft Excelなどと連携することも可能です。VBAに関する書籍は書店にたくさん並んでいるので、学習のしやすさもあると思います。 AutoCAD VBAモジュールはAutoCADのインストールプログラムには含まれていないので、別途 https://knowledge.autodesk.com/ja/sup... からダウンロードしてインストールしてから利用してください。

このビデオでは、Microsoft Excelファイルに含まれる点の座標を読み込んで、AutoCAD上に線分を作図しています。

前の動画
AutoCAD Web アプリ
AutoCAD Web アプリ

AutoCAD Web アプリなら、インターネットブラウザ上で図面の作成・表示・編集が可能です。 詳しくはこちら。

次の動画
[AutoCAD] - カスタマイズ機能
[AutoCAD] - カスタマイズ機能

カスタマイズすることで操作性を上げたり、手間のかかる作業を簡素化できます。スキルやニーズに合わせて、LISP 言語や VBA、 .NET 等のプログラミングによるカスタマイズ、アクションレコーダの使用、Autode...