AutoCAD で 3D モデルを作成する7つ道具 #2:オプション

内容の概要

AutoCADで3Dモデルを作成するには、2D作図とは異なる設定や機能が必要です。第2回目は「押し出しに使用したポリラインを残す」、「円柱のシルエット表示を変更する」という、3D作業のための「オプション」設定を紹介します。

 

詳細

オプションとは

画面左上の「アプリケーション」ボタンから「オプション」をクリックすると、「オプション」ダイアログが表示され、AutoCADの様々な設定を変更することができます。


 

DWGファイルのマークがついているオプションは、現在のアクティブファイルに限る設定です。ファイルごとに設定する必要があります。

 

オプションにカーソルを近づけると、説明やシステム変数がツールチップに表示されます。

 

ツールチップが表示されない場合は、「表示」タブ→「ツールチップを表示」にチェックを入れてください。

  

作業用の輪郭を残す

「押し出し」コマンドなどで使用した輪郭(ポリラインやリージョン)は、既定値では削除されるように設定されていますが、後の作業のために残しておきたい場合も多いと思います。

 

「3Dモデリング」タブ→「3Dオブジェクト作成中に定義図形の削除をコントロール」から、「定義しているジオメトリを保持」を選択することにより、輪郭で使用した図形を残すことが可能です。

 

曲面の表示

円を押し出した場合、既定値では曲面のシルエットは表示されておらず、円柱には見えない形状で表示されてしまいます。

「表示」タブ→「ソリッドとサーフェスの正確なシルエットを描画」にチェックを入れ、「再作図(REGEN)」コマンドを実行すると、描画されます。

まとめ

「オプション」ダイアログには、2D作図ではあまり使用しない設定があります。特に「3Dモデリング」タブには、クロスヘアカーソルにXYZのラベルを表示するなど、3Dのモデリング作業に便利なオプションが色々あるので、ぜひ、AutoCADを使いやすい環境に設定してみてください。

著者について

芳賀 百合

初心者にはわかりやすく指導し、上級者には1ランク上の使いこなし方を教えるインストラクターとして活動中。元は土木設計事務所のCADオペレーターでAutoCAD暦は20年。著書に「AutoCADLTできちんと土木図面をかく方法」「基礎からしっかり身につくAutoCAD LT入門」「これからCIMをはじめる人のためのAutoCAD Civil 3D 入門」などがある。

ウェブサイトを見る このライターによる他のコンテンツ
前の記事
AutoCAD で 3D モデルを作成する 7 つ道具 #3:3D画面表示
AutoCAD で 3D モデルを作成する 7 つ道具 #3:3D画面表示

AutoCADで3Dモデルを作成するには、2D作図とは異なる設定や機能が必要です。第3回目は3DオービットやViewCubeの便利な使い方や、表示スタイルについて紹介します。

次の記事
AutoCAD で 3D モデルを作成する7つ道具 #1:ワークスペースとリボン
AutoCAD で 3D モデルを作成する7つ道具 #1:ワークスペースとリボン

AutoCADで3Dモデルを作成するには、2D作図とは異なる設定や機能が必要です。第1回目は「ワークスペースとリボン」を紹介し、「使いたいコマンドがAutoCADのリボンで見つからない」という疑問にお答えします。